ふぁ〜む・まるはち
農法について

OUR POLICY

未来へ笑顔を繋げるため
生態系に調和した
農業を追求する

生態系に調和した農業

ふぁ〜む・まるはちでは、生態系に調和した農業を目指し、それに基づく野菜づくりを行っています。具体的には堆肥を使った土づくり、ミネラル、アミノ酸肥料の3つの要素を科学的に考察して、実践しています。これにより作物が本来持っている能力を最大限に発揮させることで、栄養価の高い農産物を安定生産することができます。

ふぁ〜む・まるはちが実践する生態系に調和した農業では、有機栽培に使用する肥料を3つのカテゴリに分類しています。

①植物の基礎体力を向上させ、本来もっている生命力を向上させるミネラル肥料
②初期生育に必要な窒素を供給し、植物の細胞作りを促進するアミノ酸肥料
③土中の有害微生物を抑制し、微量ミネラルを供給し化学性も改善してくれる堆肥を使った土作り

我々はこの3つのカテゴリーの肥料を使いこなし、それぞれの肥料が作物にどのように効くのかを研究し、日々技術を高めています。

生態系に調和した農業 生態系に調和した農業

竹パウダー/竹肥料

ふぁ〜む・まるはちでは、間伐した竹を専用の粉砕機で粉状にした竹パウダーを肥料に練り込んだ竹肥料を使用しています。竹肥料は土壌改良剤として土中にすき込んだり、土壌表面に撒くと乳酸菌の力により野菜の甘みや葉物の育ちがよくなります。

竹には、糖分やケイ酸、ミネラルが豊富に含まれていることもあり、竹パウダーは微生物の食いつきもよいものです。竹肥料を使った作物は、味が増すだけでなく、収穫量が増えたり、病害虫に強い体質になったり、といった効果が現われています。

竹林は放置されると、周囲の植生に竹が無秩序に侵入し急速に増殖します。近年では「竹害」とも言われ、三浦半島でも管理ができない竹林はボランティアの人たちによって伐採されています。ふぁ〜む・まるはちでは、こうしたボランティア団体に参加し竹の間伐活動を行うとともに、伐採した竹を肥料として使用しています。

竹肥料 竹林で竹を間伐します
竹肥料 粉砕機で竹パウダーを作成
竹肥料 竹肥料として畑で使用します

ふぁ~む・まるはちで製造している竹肥料が、三浦半島 食彩ネットワークのオリジナル商品『食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット』に、新シリーズとして販売されています。
この商品は、ベランダやキッチンで気軽に野菜を育てて頂くことで、野菜を育てる楽しさ、食への関心を高めてもらうことを目的に開発されました。種は、農薬処理をしていないものを扱っており、また土に還るエコプランターを採用するなど環境にも配慮しております。お土産やギフトにも最適の商品となっており、食彩ネットワークのWebサイト( https://miura-shokusai.net )や、三浦半島のお土産屋などでご購入できます。
(販売元:合同会社オン・ザ・ハンモック / 三浦半島 食彩NETWORK)

食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット

エコファーマー

エコファーマーとは、平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」第4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当該導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者の愛称名で、平成12年8月の「全国環境保全型農業推進会議(会長:熊沢喜久雄東京大学名誉教授)」に寄せられた応募の中から選ばれたものです。

「エコファーマー」の「エコ」は、エコロジー(生態学)に由来しますが、「エコマーク」「エコビジネス」など、環境にやさしいもの、配慮したものの象徴として広く親しまれている用語です。

ふぁ〜む・まるはちでは環境保全型農業に取り組み、2014年にエコファーマーの認定を受けました。

竹肥料