ふぁ〜む・まるはち

閲覧注意!

2022年6月22日

三浦半島スイカと三浦春キャベツを栽培しています。ふぁーむまるはち加藤です。

竹パウダーを畑に施す循環型農業や消費者に楽しんでもらえる芋ほりイベントに取り組んでいます。

コガネグモの特徴的な蜘蛛の巣で身を隠すためと思われる、かくれ帯【かくれおび】

蜘蛛自身の定位置、真ん中ら辺に白色の帯を張りってます。

コガネグモの幼体時はジグザグでグルグル渦巻状のかくれ帯を張りますが
成体になると縦に直線上でジグザグXな、かくれ帯を張ります。

コガネグモの巣の網自体はほとんど紫外線を反射しないのですが、このジグザグ白いかくれ帯だけが紫外線を反射するみたいです。
そして昆虫の目には、私たちの目と違って紫外線がはっきりと見えるので、コガネグモの巣のジグザグかくれ帯が花の模様のように見え虫達はコガネグモの巣を「花」と見誤って罠とも知らず「巣」に飛び込んでくるんだそうです。

因みに画像はナガコガネグモの幼体です。

と今日は益虫の蜘蛛のお話しでした。
害虫の事は頼んだよ!

笑顔で感謝して未来へ笑顔を繋げていきます!

#三浦半島
#夢中百姓ふぁーむまるはち
#益虫ナガコガネグモ