ふぁ〜む・まるはち

スイカのツル先を這わすためのグリーンネット、マルチ敷きと防風ネット張りをしました。

2021年5月7日

小玉スイカ「姫甘泉」と
中玉スイカ「新世界」のツル先を這わすためのグリーンネットと黒マルチを敷き
風対策で防風ネットを張りました。

姫甘泉はマダーボールなど肉質がやわらかい小玉スイカが多い中、大玉スイカに負けず劣らず「シャリ甘」で小さくても皮が薄い分、可食部がたっぷりなのが特徴です😊

ふぁ~む・まるはちでは20年くらい前から
大玉スイカから全量小玉スイカに切り替えました。
理由は時代のニーズ、今の時代背景が関係しています。
1つは核家族化です。少人数の家庭で食べるにはちょうど良い大きさで保存場所の冷蔵庫に丸ごと入れられます。
それに伴いごみ問題も大玉スイカに比べ
小さく皮が薄のでごみも少量で済みます。
それとお客様が買って帰るのに持ち運びが楽なのもあります😊
軽量化はスイカに限らず、時代のキーワードではないでしょうか。
しか~し、本腰入れて小玉スイカをやりはじめて気が付いたことがあります…💧
この軽量化が実は大玉スイカよりも重労働になってしまう側面があるのです😅
確かに1玉当たりの重さは大玉スイカの比ではないくらい軽いのですが
畑で収穫して一輪車へ効率的に積む関係で
サイズのデカい鉄製ハンドル付きコンテナに詰めます。
1コンテナ平均20玉前後、仮に1玉1.5㌔で計算すると、優に30㌔超えてしまいます😅
30㌔と言うと大体、小学生3~4年生の平均体重くらいなのでコンテナに小学3年生1人が入ってるってことになります😤
そのコンテナを一輪車から軽トラ、軽トラからフォークリフトと移動するときに人力で積み替えるのです😤
と言ってもコツと慣れと気合いで
どってことありませんが😁(笑)
#三浦半島 #夢中百姓ふぁーむまるはち #姫甘泉