ふぁ〜む・まるはち

キャベツは自分が飲む水を貯めているんです。

2021年4月6日

小雨の中での春キャベツ収穫でした。

植物の葉は概ね光合成をするためにあるのですが、キャベツの葉は水を貯めておく機能もあり貯水葉と言いうそうです。

雨が降ってる時に収穫すれば濡れるのは当たり前ですが、雨が降っていない時でも地下足袋などでキャベツ畑に入ると足元がびしょびしょに濡れてしまうことがあるくらい水を貯めています。植物の生命力、神秘を感じませんか?😊

そういう環境なので私は常にキャベツ収穫時には雨合羽のズボンを履いて作業するのですが晴れていて雨合羽では蒸れて暑くなる時期は汗で作業ズボンからパンツまでかびしょびしょになって雨合羽履いてる意味が無くない?ってなります😅

かといって雨合羽を履かないで畑の中を歩き回ると長靴の上から膝の辺りまで泥水まみれになり、納品先に配達に行く時恥ずかしいから作業ズボンを着替えるって手間が出来るジレンマ?何かいい方法はないか?…

細か過ぎるのかもしれませんがそんなことも日々考えつつ作業をしています。😅

#三浦半島#夢中百姓ふぁーむまるはち