ふぁ〜む・まるはち

スイカの雌花のお話です😊

2021年5月15日

「栴檀は双葉より芳し【せんだんはふたばよりかんばし】」と言うことわざがあります。
意味として栴檀とは「白壇【びゃくだん】」のことで白檀は芽が出たばかりの双葉の頃から、
良い香りを放つ木として知られていて
これを人になぞらえ「成人して大成する人は、幼少期から他人を逸する何かを持つ」という意味です。


画像の1、2枚目は雌花で3枚目が雄花です。スイカの花芽は香りこそしませんが
花芽のころから、かわいいながらも😍
ちゃんと縞模様があります。
それを人になぞらえ、「成人して大成する人は、幼少期から他人を逸する何かを持つ」ということわざとして
敢えて‼️誠に勝手ながら🙇
今日ここで新たに‼️ことわざ辞典に付け加えてみたいと思います👊
「スイカは花芽より縞あり‼️」(笑)
#三浦半島 #夢中百姓ふぁーむまるはち #スイカは花芽より縞あり #栴檀は双葉より芳し #ことわざ