ふぁ〜む・まるはち

夢中百姓ふぁ~む・まるはち観光農園への道のり

2021年2月18日

ちょっと恥ずかしくて読んで頂くのは怖い😣なって思いますが

今日は何故、私が観光農園をやりたいのかをお話させて頂きます🙇

始めに当農園は元々JA出荷オンリーで大根のシーズンになると気が重く

ただただ辛い重労働腰を酷使して収穫

洗浄機に大根を流し込み満杯に箱詰めして

出荷所に荷を置いたら作業終了。

おまけに相場が下がれば箱代にもならない😩

お客様との繋がりが希薄な状態親父曰く「食って行く為だから😠

モチベーションの上がらない環境でした。

そこからお袋が直売をやりたいと言い出したのがキッカケで

JA出荷と直売と慌ただしくなります💦

その反面、多種野菜を栽培、収穫する面白さや

直売所に野菜を持って行くと野菜を棚に並べているそばから

お客様が野菜を手に取って行ってくださるので自然と

「ありがとうございます😊」言葉が出たり

たまにお客様が「これはどーやって食べるの?🤔

と言ったたわいもない会話でお客様との距離が近くなりました😊

それから私が所属させて頂いている「三浦半島食彩ネットワーク」さんが

主宰しています小中高学生の農業体験を受け入れさせて頂いて

普段している仕事を学生達が楽しんでいる様子をみて

一緒に楽しんでいる自分に気が付き😳

次第に観光農園をやりたいって思いが強くなってきました。

更に現在、熊本の株式会社 農テラスさんにて経営の勉強をさせて頂いて

観光農園を目指す為に必要なアドバイスを親切丁寧に

こんな私でも分かりやすくして教えて頂いて

観光農園「やっていいんだ‼️」「これならやれそう‼️

と思える様になりました。

簡単ではありますが

以上私が観光農園をやりたいと思った経緯になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます🙇